HOME > 土地探しで成功するコツ

土地探しで成功するコツ

土地も家も同時に考える事が大事。

土地も家も同時に考える事が大事。

 

家を建ててしまっても建て替えは可能ですが、土地は簡単に変えることはできません。

購入した土地が家を建てれる場所かどうか?

どんな家が建て替えるか?

また、駅から近いなど住みたい環境からどれだけ近いか?

など土地と家の両方を同時に考える必要があります。

チラシに掲載している情報だけが全てじゃない。

チラシに掲載している情報だけが全てじゃない。

不動産屋さんのチラシに限らず、「売り手が知らせたい」情報は大きく、「売り手があまり知らせたくない」情報は小さくまたは記載されていない事が多いです。

気になる情報や、知っておきたい情報は直接不動産屋さんへ行って確認する必要があります。

暮らしやすい家は土地探しから

暮らしやすい家は土地探しから

家づくりは一生に一度の非常に大きな買い物ですが、土地探しも同じぐらい慎重かつ手際よく進めたいものです。

というのも、これからの家族の人生を広い視野でとらえ、どんな環境・暮らしを選択するべきなのかをよく考えて、その上に建つ家の規模はもちろん、快適性、安全性、耐久性など大きな影響を与えるからです。

土地の知識を学ぶ

土地の知識を学ぶ

土地を購入する前に、土地についての知識や家を建てる時の建築の知識を押さえておくことが大切です。
専門的な知識までは必要ないですが、家を建てる時に必要な知識をポイントを押さえて理解しておきましょう。

敷地と道路の関係

敷地と道路の関係

建物を建てる場合、敷地が建築基準法上の道路に2m以上(建物の規模によっては4mまたは6m)接していなければなりません。建築基準法で定められた道路かどうかについては、管轄の役所または土地の売主に確認をとればわかります。幅の狭い道路は、建築基準法で定めされている道路としては扱えない場合もありますので注意が必要です。また、建築基準法では幅員4m以上の道路に接していなければならないとも定められいます。要するに、建物を建てる場合その敷地は「幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない」ということになります。
幅員4m未満の狭あい道路に関しては、役所ごとに定めらている条件もありますので、詳しくは管轄の役所に確認してください。

土地の権利の違い

土地の権利の違い

土地の権利には、大きく分けて所有権と借地権があります。所有権は文字どおり土地を自ら所有する権利です。借地権は第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てる権利のことです。

借地権にはさらに地上権と賃借権のふたつの種類があり、貸借権と比較して、地上権は地主の承諾なしでその土地を借りている権利を譲渡、転貸しすることができるなど条件が地主に不利なものになっています。
つまり、地上権のほうが借りる側にとって権利の強い「物権」となっているのです。ただし、一戸建て住宅における借地権は、そのほとんどが賃借権です。

また、現在の「借地借家法」は平成4年8月1日に施行されています。この法律改正前の借地借家法は、地主様が借地を設定し、そしてその土地を借りた人がこの法の適応を受けることになっていました。ですが、ひとたび土地を貸してしまうと、その土地を取り戻すのに地主様はとても困難で不利益な形となってしまう地主様にとっては大変な法律でした。法律改正後に施工された借地法は新法が適用されていますが、それ以前のものに関しては旧法が適用されています。

個人の土地取得に対して新たに借地権を設定することは少なく、現在借地権として売りに出されている土地の多くは旧法が適用されるものです。所有権の土地の相場より安く権利を得ることもできますが、地代の定め、権利を売買するときの名義書換料の定め、借地権の土地を検討する際には、更新料の支払い、契約の残存期間など契約更新に関する定めなどについて、しっかりと確認をすることが大切です。

土地探しは情報収集がカギ

土地探しは情報収集がカギ

土地探しに際しては、できるだけ多くの情報を集めることが重要です。 そして、いい土地が見つかれば、自分の足と目で確かめることが大切です。実際に足を運ぶことで、その土地のいろいろな面が見えてくるものです。

選択肢がそろったら、いよいよ絞り込みの作業ですが、この段階では自分たちの「土地探しの判断基準」を明確にしておく必要があります。曖昧なままにしておくと迷いが生じます。かといって、あまりにかたくなにこだわると、基準を満たす土地に巡り合えないことがあります。

ある程度満足できる土地を見つけたら、迷わず決断しましょう。