HOME > ゼロエネ住宅×パッシブデザイン

ゼロエネ住宅×パッシブデザイン

ゼロエネ住宅×パッシブデザインで暮らしが変わる

工務店が創るゼロエネ住宅

 

「太陽や風、木に寄り添い、仲良く暮らす」

太陽の光、熱、そして風。

例えば冬の寒い日、陽だまりのあたたかさ、夏の暑い日、吹き抜ける風の涼やかさ、

これらは誰もが心地良いと感じます。

自然の中にあるものを受け入れて、建物に活かす「パッシブデザインの家」を、

ご家族のニーズに合わせたスタイルでご用意しました!

 

 

 

ゼロエネ住宅×パッシブデザインってどんな家なの?

毎日の暮らしの中で、もっと太陽や風などの自然の恵みを活かして、

少しでも節約する住まい方が必要なのではないでしょうか。我慢するエコではなく、快適に暮らしながら、地球環境に優しく、光熱費ゼロをめざす。そんな家づくり、ステキだと思いませんか。

ゼロエネ住宅×パッシブデザインってどんな家なの?
POINT1 高気密・高断熱

 

エネルギーをできるだけ使用しなくてもすむように、断熱性と気密性能を高める。

 

飲み物の冷たさや温かさをキープする、魔法びんのような保温性に優れた家づくり。外気温の影響を受けにくく、1年中快適です。部屋間の温度差や床から天井までの温度差も少なく、ヒートショックを防ぐ効果もあります。快適な室温・温度を保つことにより、冷暖房費も節約。ホコリや大部分の花粉等も防げ、クリーンな室内環境をつくります。

POINT2 パッシブデザイン

 

自然エネルギ―

「太陽・風・空気・熱(暑さ・寒さ)」を採り入れる。

 

家を取り巻く外的な環境である自然エネルギー「太陽・風・空気・熱(暑さ・寒さ)」を採り入れて、住宅内部の環境を良くしようとする設計手法を意味します。

 

自然

   ●四季を通して太陽があらゆる場所から降り注ぐ

    「昼光利用」

   ●窓を開ければ心地良い風が通り抜け、夏期には室内を涼しく保つ

    「自然風の利用」

   ●寒い冬の日、晴れていれば太陽からの日射熱を蓄積、夜間に利用

    「日射熱の利用」

 

こうした住まい創りを目指す設計技術がパッシブデザインです。日本独特の豊かな四季を感じ住宅内に採り入れ夏や冬を快適に生活する事を、私たち日本人の多くが実現させたいと思っているのではないでしょうか。

POINT3 高効率な設備

 

家に設置する照明やエアコン、給湯機器等をできるだけエネルギー効率の高いものにする。

 

空気の熱を利用してお湯を沸かす環境にやさしいエコキュートや、水まわりの生活設備も省エネに配慮したものをセレクトしよう。また、見落としがちな家庭内での照明は、省エネ効果の高いLEDや蛍光灯を使った多灯分散照明や調光化、センサーの採用で、効率的な照明計画を行うことができます。あかりの省エネ化もとても重要なポイント。

エネルギー節約
※HEMS等を使ってエネルギー消費を見えるようにしよう。見えることで気づく無駄なエネルギーを節約することに役立ちます。
電気代節約
※LEDは、白熱灯に比べて約20倍の長寿命で電気代も約1/6に削減。
POINT4 創エネ設備

 

太陽光発電システムを導入し、わが家で使うエネルギーを発電する。

 

太陽の光という自然の恵みを活かし、わが家で発電する太陽光発電システム。CO2削減に大きく貢献し、光熱費の大幅な節約に役立ちます。また、災害時は非常電源として利用できるため、防災対策としても安心です。

 

エネルギー発電